2016年10月14日

|最終更新日 : 2016年10月15日|

345views

IT

Yahoo砲を喰らってリアルタイム2600同時接続でも快適サクサクだったエックスサーバーX10

Content 20 1

先日、私のサイトがヤフートピックスの関連リンクに掲載されました。
いわゆる「ヤフー砲」で、日本一のウェブサイトからの紹介はとんでもない数字のアクセスを運んできてくれました。

最終的にはアナリティクスのリアルタイムで2000以上を記録するわけですが、それだけのアクセスを捌きながらもエックスサーバー の最安プランx10は一度たりとも503エラーを出さずに働き続けてくれました。
※もしかしたら、出ていたかもしれないけど。

その経緯をご紹介しましょう。

ヤフーニュースを見ていると、、「あれ、これウチのサイトへのリンクじゃね!」
アナリティクスでも見てみっかな。

10時過ぎ

やばい。1400超えてる。
今は10時過ぎだから、お昼ご飯になったらもっと増えそうだ。
やばいな。さすがに落ちて503エラー吐くかも。 

11時

 11時の時点で1500オーバーか。
現時点でサイトの表示は問題ないけど、このあたりが限界かな。

11時30分

1800までいけるのか。
凄いなエックスサーバー
これで月額1000円は申し訳ないくらいだ。

12時

12時になって2200までいっちゃったよ。
ここまで来れるとは思わなかった。
どこまでいけるんだろう。

12時15分

2400も捌けるのか。
凄すぎるぞエックスサーバー

12時30分

とうとう2600超えちゃったよ。
さくらのレンタルサーバーなら確実に落ちてるね。

ヤフー砲は凄い

噂に聞いていましたが、昼時のヤフー砲は半端無いです。
鬼のようにページビューがだだ上がり、お昼の1時間だけで5万アクセスくらいありました。

エックスサーバー は文句一つ(503エラー)言わずに黙々と捌き続けていたのには驚きを超えて感動を覚えました。
おそらく、普通のレンタルサーバーでこれだけの処理ができるのはエックスサーバーだけかと思います。

ただし、WORDPRESSでは難しい

このウェブサイトはいわゆる生PHPで書かかれたものでした。
fuelphpやlaravelなどのフレームワークを使用していないので、速度的にはほとんどhtmlページと変わらない軽量仕様になっています。

それでも、データベースと接続はしていますからデータベースへのクエリは相当な数になっているはずですなんですけどね。

ブログシステムはWordpressを使用している人が多いかと思いますが、生PHPでこの数字ですから、流石のエックスサーバーといえどもWordpressでこれだけのアクセスを捌くのは不可能かと思います。
※Wordpressはリクエスト数がかなり多い仕組みになっているため。

まあ、Wordpressでもリアルタイム1000くらいはいけるでしょうし、リアルタイム1000をコンスタントに出すウェブサイトであれば月1000万pvくらいにはなるので、もうAWSとかVPSの世界になるかと思いますけど。

リアルタイムでどこまでいけたのか

結局、アクセス自体が2600までしか記録しなかったため何とも言えませんが、勝手な予想ではリアルタイム4000くらいは問題無さそうです。
というのも、リアルタイム2600の時のウェブサイトにアクセスをしてみても全く表示遅れはなく、いつもと変わらない涼しい顔でページを表示してくれたので、まだまだ余裕はありそうでしたね。

あと、さくらのレンタルサーバーのスタンダードでもヤフー砲を喰らったことがありましたが、その時はリアルタイム500くらいで503エラーを吐いていました。
※ページの軽さ、構成はほぼ同様。

さくらにはブースト機能が装備されていたので慌てて使用しましたが、それでもリアルタイム1000くらいで503になって終了となりました。

さくらのスタンダードは月額500円なので仕方がないと言えば仕方がないのですが、処理能力・安定性に関してはエックスサーバーがかなり上を行っているなと感じました。

大規模でないウェブサイトならもうエックスサーバー だけでも十分だと思います。
10年前なら考えられない処理能力ですね。
凄い時代になったなぁ。

人気記事

最近の投稿

カテゴリ一覧