2016年12月11日

|最終更新日 : 2016年12月12日|

153views

ニュース

必ず喜ばれる父の日・お中元・お歳暮に最高な贈り物はこれだった

Content 23 1 min

「どうしたら上司に喜んでもらえるのだろうか?」

毎年毎年、お歳暮やお中元の際に私は頭を悩ませていました。
今はもうその会社を退職してしまったのですが、私の会社では古くさいようですがお中元とお歳暮を必ず贈る習慣が根付いていたのです。

今はもうそういう企業は少なくなっているようですが、なぜかその会社では義務づけられていました。
正確には会社から命令されているわけではなかったのですが、そういう雰囲気が蔓延していたので「面倒だな」とは思いつつも、毎年送り続けていました。

働いている時は一生続けるつもりでしたし、意味なく和を乱して嫌われるのも得策ではなかったのです。

ただ、面倒だと言っても全てがマイナスばかりではなくて、お歳暮を通して上司とコミュニケーションが取れたり、会社を一つの家族体として頑張っていこうとする考え方に賛同する部分もありました。

いつも送っていたもの

そして、いつも選んでいたのは、上司が家族持ちならタオルやサラダ油のセット。
独身ならお酒や洗剤など、極力日常生活で使用するものを選んでいました。

いつも同じものというのも芸がないので、たまに「少し違った物」を、と高額な物や珍しい物を贈ることもありましたが、変に凝ってしまうと結果としてマイナスになる結果が多かったです。

例えば高級霜降り肉などは、ラグビー部の子供がいる家庭には喜ばれましたが、独身の上司には軒並み評判が悪かったです。
歳をとってくると霜降り肉は脂身が多すぎてあまり食べられなくなるそうで、大部分が腐って結局捨ててしまったと言われた時には何とも言えない気持ちになりました。

ただ、私も最近は歳を取ったせいなのか脂身が食べられなくなってきたこともあって、あの時の上司の気持ちが今ならわかります。
確かに霜降り肉を1キロ贈られたとしても、少ししか食べる気はしませんね。

今では少し悪いことをしてしまったなと思っています。

探せど探せど見つからない

それからというもの、お歳暮やお中元のシーズンになると常にどうしたものかと頭を悩ませるようになりました。

変に凝っても駄目。

誰しもが贈るものも駄目。

どうすれば良いのかと迷っているうちに期日が来てしまい、最終的には無難なタオルやサラダ油に逃げることが多くなりました。

やっと見つけた、究極の贈り物

そんなこんなでお歳暮・お中元はタオルとサラダ油を交互に贈るパターンが定着し、お歳暮問題など忘れかけていたときに事件は起きました。

ある日、友人に連れられて居酒屋に行った時のことです。

「これおいしいよ」

と勧められて食べたお肉がやたらとうまい。
牛肉に近い食感はあれども、そこまでしつこくない。
あっさりとした後味でちょっとしたつまみに最適なお肉だったのです。

「このお肉って何の肉?羊か鹿?」と尋ねると

「違うよ。馬刺し、っていう馬の肉だよ」と教えてくれました。

そのときに私は思いました。

「これだ!」

私の中の何かがつながったのです。
家に帰ってからインターネットを検索して、馬刺しのお歳暮がないかをリサーチすると馬肉専門店【菅乃屋】 がヒットしました。

早速そこから注文をして、数人の上司と取引先にお歳暮を送りました。

上司からは絶賛の嵐

お歳暮を送ってからしばらく経つと、上司から馬肉お歳暮に対する絶賛の嵐。

「自分で買ってまではあんまり食べないものだけど、美味しかった」

「息子が驚きながらも食べた。タタキが最高だった」

いつもは込み入って話さないような上司も「あれは美味しいかったよ。また頼むわ。」とえらく高評価をもらってしまいとても驚いたことを覚えています。

なぜうまくいったのか

自分なりにうまく言った原因を考えてみました。

・牛肉の影に隠れがちで馬刺しの需要は高くないが、実は牛に負けないくらいおいしい。
・馬肉はあっさりしているので、老若男女問わず食べやすい。
・自分で買うには微妙に高い。
・珍しいので話のネタになる。

いくつかの原因を挙げましたが、一番は「自分で買うには微妙に高い」かもしれません。
大抵の人が馬刺しを食べたことはあるはずです。

そこで美味しいと思ったとしても、決して安い食材では無いので取り立てて「また食べよう」とは思わないんですね。

実際は馬を買うなら牛に行っちゃう。

決して、高い商品ではないのですが、牛肉に比べると安くはないんです。

「自分では買いにくいけれど、もらうと嬉しいもの。」

という贈り物の琴線を馬刺しが文字どおり「刺した」のかもしれません。

馬刺し作戦が必ず突き刺ささるとは言い切れませんが、取引先や上司に何を贈ろうか悩まれているみなさんも一度試してみられたらいかがでしょうか?
きっと、私同様に悪くはない結果がまっていると思いますよ。

馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ・馬肉専門店【菅乃屋】を見てみる 

人気記事

最近の投稿

カテゴリ一覧